【クラファン第5弾 始動!!】築50年古民家を地域と人を繋ぐゲストハウスを作りたい!!(7月末まで)

クラウドファンディング第5弾が開始となりました!

今回のプロジェクトで実現したいこと・・・
それは・・・

”築50年の古民家をダイナソーベースの管理棟兼ゲストハウスにリフォームしたい”

ダイナソーベースがある兵庫県丹波市青垣町大名草(おなざ)は小さな集落で、人口総数553 人、世帯総数177 世帯農業が9割を占めるこの地域では時代と共に人口が減少し、若い人が出てゆき過疎化の一途。令和3年4月に青垣町は国より過疎指定を受けるほどの過疎中の過疎です。
その一番の原因は・・・

『泊まれる場所がない』

里山の原風景が残る小地域は週末、サイクリングやツーリングで訪れる人も決して少なくありません。
しかし、宿泊施設は勿論、飲食店も限られていて立ち寄る場所がないため、ただ通り過ぎていく場所になっています。

この2年間キャンプ場作りに邁進してきて少しずつ地域とキャンプ場に遊びにきてくれている人を繋げることができましたが、この地域の抱える過疎問題解決にはまだまだ足らないと感じていました。
そこでキャンプ場の利用者や会員のみなさんがこの地域との接点となる居場所を作りたい!と思うように・・・

ダイナソーベースから徒歩1分!奇跡の古民家

キャンプ場を訪れる人たちと地域を繋げる場所・・・
そんな都合のいい場所なんてとおもっていた矢先、地元メンバーより「近くの古民家が空くよ」と願ってもない物件と出会い昨年、購入することができました。この場所なら都会の人も地域の人も訪れやすい。キャンプ場とのアクセスも最高!

築50年の元大工さん家&作業所&畑(約300坪)を今回DIYでフルリノベしていく

今回、活用する古民家を昨年からどのように使うかなどあれやこれやと構想(妄想)に1年ほどかかりました。
キャンプ場で完結するのではなく、この地域を丸ごと楽しんでもらうためにはいくつかの停留所(人が訪れやすい場所)が必要だと感じていたからです。

決して町の中心に位置しているわけではありませんがキャンプ場とのアクセス(徒歩1分)、周りは田んぼや畑に囲まれて民家とも適度な距離にあり、母家だけでなく作業所・畑もセットなロケーションがこの古民家を選んだ理由。
(空から見たら要塞みたいでカッコイイ)なのでこの古民家を改修し、キャンプ場の管理棟兼ゲストハウスにすることに!!

石垣と玄関の松がええ雰囲気醸し出してる

母家の裏には作業所兼倉庫と畑が広がる

流石、大工さんの家!立派な梁はまだ生きています

作業所兼倉庫は木材など宝の山でした!!

ただの古民家でない佇まいがこれからどうなるかワクワクです☆

 

– クラウドファウンディングのページはこちら –

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆クラファンチャレンジ第5段を記念してFacebook Liveを行いました!
↓アーカイブはこちら↓

☆2022年6月6日追記

ご支援ありがとうございます!

おかげさまで本日16:52に目標支援金額1000000円に到達しました!!!(達成後もまだまだ伸びております)ご支援頂いた皆さん本当にありがとうございました!!!

クラウドファンディング開始5日間と22:時間52分ドキドキしすぎてハゲるかと思いました(笑
今夜はゆっくり眠れそうです☆

そうは言ってもいられずワクワクして次に向けて脳内フル回転です。
応援くださった一人一人の声を想いを乗せて次の目標250万円もがんばらせていただきます。

残り47日間も突っ走っていきますので引き続き応援宜しくお願いします!!

ダイナソーベースプロジェクト一同

クラファン第5弾 開催中!!

NHKに取材して頂きました

画像をクリックすると動画へ移動します。

NHKに取材して頂きました

最近の記事

  1. 2022年1~3月振り返りパート①

  2. 世界一過酷な100マイルレースが開催されました!

  3. NHK放送されました☆

PAGE TOP