ご挨拶

はじめまして

ダイナソーベースPROJECT
代表の伊藤勇矢(いとうゆうや)
と申します


現在は平日、神戸・東京で
治療院をしながら週末は家族や
仲間たちと丹波で秘密基地作り
をしています。

しかし、元々は《仕事中毒》で
平日だけでなく、休みの日も
仕事で全国を飛び回り

家族との時間よりも仕事を
優先していました

そんな中、コロナにより県外に
出ることもできず時間を持て
余すようになりました

初めはゆっくりできる時間が
増えたことに喜んでいましたが
1週間もすると飽きてしまい
ジッとしていられなくなりました

(閉塞感ハンパない)

そんな時です。

夢リストを振り返ってみると
『50代に山を開墾してキャンプ場をつくる』
という一文に目が留まりました。


書いた時は忙しい仕事を50代に
入るまでに片付けて第二の人生設計
でも描いていたのだと思います
(ほとんど覚えていないけど・・・)


まだ先のことだと思っていたけれど
50代まで待つ必要があろうか?
今がまさにその時じゃないだろうか?
この機会にやらずしていつやるの?


悶々と自問自答した結果・・・

「あ!今のうちに山買いに行こう」
フラッと山に出かけたのがきっかけです。

いくつか候補地があったものの
友人が住む丹波に行ってみることに


急なお願いにも関わらず
快く案内してくれた
友人親子と山を散策していると
丹波の山々にすっかり魅せられました

どの山がいいかなぁ

『ここを拠点に山開拓していこう』

と即決する私に友人のお父さんが「あんた山の管理とかできるんか?」と聞ききました

にゃんですとぉ 「管理」・・・?

「いえ。やったことないです」
と答えると山を買うのは簡単だけど
その後、管理をしないまま放っておくと
ただただ自然を壊すだけになってしまう

山について何も知らなかった私に
丁寧に教えて下さり、
「なんならここで一回練習してみたら?」
と場所を提供してくださったのです

まさかまさかの展開で2020年5月
『50代に山を開墾してキャンプ場をつくる』
と決めていた夢を15年前倒しして
スタートすることにしました

ダイナソーベースプロジェクト
代表 伊藤勇矢

身の丈よりも大きな夢に乗っかります
PAGE TOP